kushyyoshyのブログ

G+で私の書いた者を公開して来たがそれが中止になると言うので?のブログに切り替える事にして今移転している。

アルカリ水とミネラル水と水道の水、更にペットボトルの水は同じではない

アルカリ水とミネラル水と水道の水、更にペットボトルの水は同じではない

 

台北ではアルカリ水ph9.0と言うペットボトル水が売られている。人の体の正常なアルカリ度はph7.4 だ。

中性がph7.0なので、少しアルカリ性が人の体の正常値になる。

ph6.9は酸性なる。

ph7.1はアルカリ性と言う。

だからph9.0はアルカリ性でも高い数字になる。それをアルカリ性と言う。

台北で売られているph9.0のアルカリ水は、人の体の正常値よりかなり高い。

何故高いのか?

人の体は肉をたべる事で酸化しやすくなる。

酸化した体では老人病130種類が始まる。

人が太るのはその老人病が始まっているサインの一つになる。

 

だから、老人病にならないためには、人は体をアルカリ化をさせておくと良い。

酸化した体をアルカリ化するには野菜を毎日沢山食べる事が良い.肉を食べないベジタリアンが理想的だ

 

日本では1000年前に精進料理法と言うベジタリアン食が医食同源の理想を達成していた。

これは中国に留学した日本の禅僧達は中国の中医学の事を学び、日本に帰る時に医食同源の知恵と、その実践法として精進料理を作り、自分たちでその体にいい食事法精進料理法で作った食事を毎日食べて、長生きで健康な生活をしてた。

それが日本料理の基本になった。

米国の上院では,戦後当時の金で3000万ドルかけて、世界中の料理を調べて結論を出した。最も世界で健康な料理とは日本料理の事だと。

当然の結果だ。

医食同源の料理法は、日本にしか無いからだ.

中国では残念ながら、中国の大陸内で政権が変わると、前の文化は全て否定されて、消滅させられていたからだ。

中国の土地はあっても、狩猟民族が農耕民族を支配して、惨殺して更にその文化を破壊しまくっていた。

医食同源の考えは中国では、否定され肉食文化になって行った。

中国は政権が変わると文化も破壊されていた。

日本人は中国の農耕文化を好み、科学をしてその科学で中国の農耕文化の良い所を、極めていった。

その結果が日本だけで医食同源の思想が完成されていたのだ。

それが精進料理だった。

ミソも醤油も精進料理法から出たものだ。

発酵文化は精進料理から生まれている。

野菜あるいは中国から留学生達は日本人の健康と長生きの為に必要なビタミンや酵素が入っている野菜を見つけては、その種を持って帰り、日本の精進料理の材料にした。その野菜が今では、日本では当たり前のように日本中で作られている。元は中国野菜で中医学の薬だった者が多い。

日本の文化を支えてくれてのは、農耕文化とその文化で育った物の見方が科学だった。

禅僧とは日本農耕文化でものを見て、科学でものを考える人々であった。

人類が出てから、医食同源の料理法を作り上げたのは禅僧でありその禅僧の作った料理法が世界の人の健康を作り、長生きをさせる為の決定版であった。

日本では禅僧がそれを完成させていた。

その事が戦後1000年経って、米国が調べてようやく分かったと言う事だった。

日本では今では禅の精進料理の食事法が一般にまで広がり、庶民がやっている事が、世界の最高の食事法だったと言う事だ。

その事を誇るよりも、我々は日本人の農耕文化から出て来た科学でものを見る事を誇るべきだ。

科学が根ずいている文化が日本の文化の基礎であり、伝統であった。

儒教は非科学の者の見方で庶民の味方ではない.日本人は庶民が作った文化が日本文化だ。

日本文化とは科学でものを見る文化だ。

農耕文化で共同体の文化こそが日本のアイデンテイテイだ。

 

少し話しはそれたので戻すと、精進料理法が世界の憧れの食事法であり病気にならずに健康で長生きする医食同源の理想的な健康法だった。

その料理法の神髄は、野菜料理法だった。

野菜料理法とはそれを食べる事で、人の体は酸化をせず、常にアルカリ性で、いつも正常であり、老人病にならないと言う事をやっているから、精進料理法で作った料理を食べる事で、健康で長生きが出来ると言う事になる。

人の体は、アルカリ性ph7.4の正常値になっている事が、とても人の健康に影響する事が分かるだろう。

その料理法が精進料理だった.そしてその精進料理法を日常的に食べるのが日本人の食事法になっていた。だから米国が300億円もかけて,10年の歳月をかけて調べて分かった事は、世界中の食事法を調べた結果、世界中を調べてみたら、日本の医食同源の食べ方が世界一健康な食べ方だった。

世界は以外と科学的には出来ていないと言う事が分かる話しだ。

人の食べる物モ以外と科学的に考え抜いて食べていないで、短命で病気にされて死んでいると言う事だ。

アルカリ性にいつも自分の体をさせている人はいない!

命が惜しいが自分の体の中がアルカリ性ph7,4になるように気にしている人はいない。

何と頭の悪い話しだ。

 

水にもいろいろある。

アルカリ水ph9.0は、人の体の正常値よりも強いアルカリ性になっている.それは酸化している体には、高い数字の者、アルカリ水ph 7.4を少し入れても,直ぐには人の体全体には、アルカリ化はしないと言う事だからだ。

人の体には水分量は約12リッター位いつもある。

そこに800ミリリッター/pet Botoleを毎日入れても、なかなか体全体のアルカリ化は全体には広がらない.

同じ生活をしていたら酸化した体はそのままだ。アルカリ水を足らないより取った方が良いが。一日一本程度では体全体に起こっている酸化はアルカリ化の正常値には戻らない。

 

だから強アルカリ水にして、高い値のアルカリ水と取る事で、食べ物を消化する時にそれを食べ物と一緒に取る事で、からだを酸化からアルカリ性に徐々に替えるようにしているのだ.

だからアルカリ水ph9.0を取っただけで安心しては行けない.

野菜食を取る事がやはり大事になるし、料理時にもアルカリ水を使う事が大事になる。

 

海水から浄化した水は中性の水でミネラルが入っていない.つまりアルカリ水ににはなっていないから、そこにミネラル分を自分で加えて、アルカリ水にして飲む事が大事になる。

うまりミネラル水はアルカリ水だったと言う事だ。

だから値段が海水を浄化しただけの水とは倍以上も違う。

あるスイスの巨大企業がミネラル水のphをボトルに印刷してあった。

ph7.9 と書いてある。

ミネラル水の成分としては,Ca=カルシュウム,Mg=マグネシュウム、Ka=カリュウムは全てアルカリミネラルになる。

ミネラル水は大体此れ等が入っているが、その分量が異なるだけだ。全てアルカリ水になる。

ph7.5〜ph8.0くらいがその分布になる。

その水の生産された土地の泉の水分に含まれるミネラル量で変わってくる。

私はアルカリ水の替わりにミネラル水を飲むがない時には、自分で重曹を買って来て、小さじに一杯を1.5リッターの水に入れてつかっている。ph10.0位になる。

虫歯の人とは直ぐにアルカリ水を口に入れて虫歯をそれで洗うと良い。

虫歯は体が酸化しているから出来るものだ。

アルカリ水で虫歯を洗えば虫歯菌が活動出来なくなり、痛みは止まるし虫歯はそれ以上進行しない。

歯医者に行く前に虫歯を作った原因を考えて、自分の食事法と食べているものが酸化食でないかを考えて、それを食べない事をすすめる。

もう応神病が始まっているあなたは虫歯か太っていたら体は酸化していて老人病が始まっている事になる食事法と飲み水を考えて対策をするべき状態にある。

放っておけば残りの老人病の128種類が、次々ト襲ってくると言う状態になっている。

 

水道の水は塩素が入っている酸化水だ。

それを中和して体のアルカリ家を世有情にする為、アルカリ水が必要だと言う事が分かるだろう。

タイ王国のチェンライが日本人に合っている気がする

タイ王国のチェンライが日本人に合っている気がする

 

その理由、

先週(3月10日2019年)だが朝、バスで着く時に朝もや畑や森や全てに町中に広がっていた。

これは農作物が日本の風土の者ならば何でも同じく取れる可能性が高いことを示していると思う。

気候が日本の本土並みなのだ。

多分静岡県と近いのではないか?

バンコクの気温とは3度くらい低いのでとても日本人には住みやすいイ。

米がおいしい。

日本米だと言われたらそうかと思ってしまう程の米.バンコクではない旨さだ。

それが市場で買えるからありがたい.その市場は毎日開かれている。

そこで売られている野菜に日本のものではないかと思われるのものが、いくつか見た。

バンコクではない野菜だから日本人の農家の方が、自分の農地で作っているのではないだろうか?

九条葱に、琵琶の実日本の産物が幾つもチェンライに育っている。

日本の料理法がもっと普及して行くとその美味しさががたちまちタイ王国の人々にも伝わってゆくだろう。

インチキ日本料理が幅を効かすバンコク中で、日本の本物がチェンライに育っている。

例えば、九条葱を備長炭で焼いて、大原のミソと合えて食べるとその甘さと香りで、懐石料理の神髄を味わう事が出来る筈だ。

チェンライは日本農業が再生して繁盛している町に育って行くと良いと思う。

日本人が住みやすい町がチェンライだ。

市場の食堂で美味しいものが食べる事が出来る。

皆一皿30Bで安い。

おいしい米があるだけで、日本人はそこ行行くだろう。

 

更に美味しい情報がある。

どいつんのコーヒーと言えば、プミポン国王のお母さんがオーヒーを作る研究をされていい頻出のコーヒーを作り出していたと効いたそのコーヒーを販売するのがドイちゃんコーヒーだ=Doi Chaamg Coffee

町で開催する週末のバザールが裁判酒の当たりに開催している.とても大きなバザールだ数百店は出ている。でも単調。だ皆タイ王国のものばかりで、日本寿司が人気だが、日本のものとは全く別物だ。

その会場の中心街にその本社ビルがある。

飲んでみたら良いAMAZONCoffeeのExtraより美味しい.

毎日飲んでいたからよくその味を知っているが、チェンライのDoi CHaamg Coffeeは世界を席巻する力があると思う。

 

チェンライはタイ王国の農業の未来が育っていると思う。

 

チェンライはタイ王国の農業の未来が育っていると思う。

 

日本の農民の方も多くいるようだ。日本の帰航に近いから日本の農業が栄着しやすいようだが経験者と話しをするとそれでも土壌が違っているから全く同じ物は、出来ないし、米などはかなり苦労していると聞いた。

農産品を移植すると言うのもかなりそれで人は苦労すると言う事だった。

一つの野菜を移植すると言う事は、土壌の違いだけでも、それを克服するには、新しい仮説を作りそれを工夫すると言う、新しい発明なのかもしれないと言う気がする。

日本人は昔からそれをやり続けていた民族だ。

農業も発明と発見の集積で完成するものだった。科学をする事が農業の根幹にある。

チェンライでもそれが行われて、日本の野菜が育って行くように徐々に変わっているのだろう。

野菜が出来ると同時に日本の京料理法やその他も研究して、それを町で食べられるようにする事が明日のチェンライ農業には必要だ。

その中に日本の野菜と料理法があると良いと言う気がする。

日本であって、新しいタイ王国の農業が出来て行く。

4000年前からユダヤは奴隷の売り買いをしていた!

4000年前からユダヤは奴隷の売り買いをしていた!

 

旧約聖書に書かれている。

奴隷の値段もユダヤの神が決めていた。

ユダヤ民族のユダヤ人が自分の意思でその体を売ることもできた。

主におこなわれたのは,ユダヤ民族以外の他民族を奴隷にして売り買いしていた。

男は健康な成人ならば,銀貨で20オンス,若い女は10オンス,障害もつ男は10 オンス,年よりは5オンス。

キリストは,ユダによって,ユダヤへの密告料金がやはり銀貨20オンスだった。

奴隷の値段と同じ金額がキリストを裏切り,ユダヤの律法学者が支払った。

その裏切りの密告が,キリストの逮捕に繋がり,ユダヤの言いなりのローマ人司政官のいんちき裁判で殺しすためのきっかけになった。

ゴルゴタの丘のキリストの十字架刑は、それが引き金となり行われた!

キリストはその事を前に知っており,神がユダヤ民族を殲滅すると予言した。

ぶどう園の主人の話しで言っている。新約聖書に書いてある事だ。

ユダヤの神は言う。

ユダヤ人以外は人とは皆動物だ。戦って来る民族は子供も残さず皆殺しだ。

ジェノサイドが日常で行われた。

でも戦わずに降伏したものだけは,奴隷にしてこき使って殺していけ!

奴隷とは、ユダヤの神が許した他民族を支配する事で、ユダヤの特権だ。

ユダヤ人以外はひとではない。

家畜として扱ってすべてをうばっていい !

人類の敵はユダヤだ!

4000年間もそれをやってきた。

今もその掟をやっているのがユダヤ民族だ!

 

アーメンと言う言葉を言うキリスト教は、皆ユダヤ教だ!

 

アーメンとはユダヤ人だといっていることだ。

ユダヤ人がユダヤの神にアーメンと言えば,私はユダヤ民族で祖祖の

アブラハムの子孫です。

つまりこれがユダヤの神を操作する言葉だった。

ユダヤの神とアブラハムは,ユダヤの神がユダヤ民族を永久に繁栄させると言う契約があったと旧約聖書に書いてある。

ユダヤ民族が,祈りの終わりに必ずアーメンと言うのは,この契約を履行しろと迫っていることになるからだ。

アブラハムと契約した事を神に受かってまい改組の約束を思い出させれた目にユダヤ民族は自分が困った時だけ神を,思い出して約束を履行しろとユダヤの神に言って、助けてくれと都合よく請求する為の便利な言葉がアーメンだ.ユダヤの神さえ永久奴隷に酢津ユダヤは悪魔民族だ。ユダヤの神を永久奴隷にする言葉がアーメンだ?誰を?

ユダヤの神をユダヤ人がこき使って奴隷にしているのだ。

ユダヤ民族はよく平和に溺れるとユダヤの神でなく近くの御アについて来たバール神に乗り換えてしまう。そしてダビデヤソロモンが作った聖壇さえ破壊して、偶像の神をその上に建ててしまう。

直ぐに裏切る。が困ると都合良く思い出して、ユダヤの神を使う。これがユダヤユダヤの神の操作方法だ.

その操作する言葉があーめんだった。

アーメンとは開け胡麻のような言葉だった。

でもユダヤでない民族がそれを言えば、ユダヤの神を騙している事になる。ユダヤ人でもないのにユダヤ人の不売りをして、ユダヤのか見えお騙して助けてもらうと言う事をしている何の契約もしていないユダヤ以外の民族はユダヤの介は見捨てているが、ユダヤ人の振りで騙しているとなると、ユダヤの神は,元々専制君主のような神なので、神を瞞いた者として必ず殺される事は間違いない。

だから必ずユダヤ民族はこの事をいいつづけている。

ユダヤユダヤの神が都合良く絶対に裏切らないときめつけている!

ユダヤがでたらめをやり続けるのは,この契約があるからだと信じている。

それがアーメンの意味だ!?

でもユダヤ以外の民族がアーメンいえば,ユダヤの神に嘘をつくことになる。

ユダヤの神を騙した罪は大きい!

奴隷にして濃き使って殺してしまう。

ユダヤ以外がアーメンをいっているのは,このユダヤの契約を知らず,さらにユダヤの神との契約を知らず。

騙されてユダヤの神を信じ、ユダヤの奴隷にされることを契約したことになるのだ。

そして知らぬ間にユダヤの神の怒りに触れて殺されるようにユダヤが他民族にユダヤの神を騙すようにさせているのだ。

神を操作し、更にその操作した神を怒らせて、他民族を始末させる。

ユダヤは二重に騙している事になる。

アーメン言っては、いけない言葉だ。



沖縄の長寿県が何故転落したのか今分かった!その回復方法も分かった。

沖縄の長寿県が何故転落したのか今分かった!その回復方法も分かった。

 

YOUTUBEで教えてもらった。

それは、沖縄県が長寿県から転落したのは、マグネシュウムが不足するようになって、マグネシュウムが不足状態になってしまい、沖縄の人は短命になってしまって、長寿県から転落をしたと言う事だった。

沖縄では長い間、島豆腐が人々のタンパク源だった.それ下米国からの肉の輸入で安い肉を食べるようになり豆腐を食べなくなって行った。

又本土からスーパーがやって来て安い豆腐が簡単に買えるようになりそれを使って行く人が増えて行き、島豆腐の高い者を買わない人が増えて行った島豆腐や山河倒産して行ってしまい人々は島豆腐を輪捨ててしまった。でもこれが島豆腐が守って来た沖縄の長寿の秘密を失わさせる結果になって行った。

島豆腐は一丁が大きくてとても固い。沖縄の気候の高い温度でもなかなか腐らないようにしてある為だった。

だから一丁が数百円もする。スーパーで一丁数十円で買えるから、その手軽さと、格安の値段で競争は明らかに島豆腐のまけになった。

一丁5百円は高いし、一丁買うとスーパーの豆腐の十倍以上もおもさがあり、量も多いので必死で毎日食べないと腐ってしまうから豆腐を買ってはそれを食べる為毎日豆腐との格闘が起こっていた。豆腐を食べるのは格闘だ、必死になって食べ尽す。

でも島豆腐には沖縄の海から取ったにがりが使われていた.

その中にはマグネシュウムが豊富に入っていた。

スーパーの数十円の豆腐にはマグネシュウムが入っていなかった。

この差が沖縄の人の体を短命にして行った.

沖縄人は今マグネシュウムが大幅に不足し始めている事になる。

ガリ食品や海草類をもっと沢山取るようにすると良いが。

一番いいのは又島豆腐を作ってもらって、毎日それを食べる事が必要だと思う。

200円くらいでおもさも半分とかにしたら良いのではないか?又島豆腐を日本中で販売する事も始めると良いと思う.にがりたっぷりの島豆腐は日本人全ての体を健康してくれる。

日本ン人の体に必要なマグネシュウムやカルシュウムヤその他の必要なミネラルを補給して、日本人全ての健康を回復して更に寿命を延ばす食べ物になるからだ。皆喜んで島豆腐を買うだろう。

肉やスーパーの豆腐食品を買って食べてはいけない。

人の体に良いものを使っていない。

見た目と安いだけのものは、結局は、それを食べて命を捨てる事になうと言う事だった。

沖縄県が長い間長寿県だったのは、マグネシュウムの摂取を自然に島豆腐を食べる事で実践していたが、本土のスーパーの安いだけでマグネシュウムが入っていない豆腐に変えてしまって、長寿県から一気に転落をしてしまった。

豆腐が沖縄の命を守っていたのだった島豆腐の復活をさせる事が又沖縄県が長寿県に復活する切っ掛けになると言う事だ。

又これを全国に知らしめて、沖縄の島豆腐を全国で販売したら、ほしがる人が続出して、島豆腐企業が出来るようになるかもしれない。

沖縄の長寿の秘蜜は島豆腐だった。そしてニガリの販売や、青さの販売沖縄の海草類は、マグネシュウムの宝庫になっている。

それは全国でほしがる産物に変わるだろう。

 

島豆腐が海のミネラル補給する事で沖縄人の命を守っていたのだった。島豆腐を復活させる事が、又沖縄県が長寿県に復活する切っ掛けになると言う事だ。

又これを全国に知らしめて、沖縄の島豆腐を全国で販売したら、ほしがる人が続出して、島豆腐企業が出来るようになるかもしれない。

 

日本ではやるは世界中で流行る。

数千億円の島豆腐企業が出来るかもしれない。

沖縄の長寿の秘蜜は島豆腐だった。

そしてニガリの販売や、青さの販売沖縄の海草類は、マグネシュウムの宝庫になっている。

それは全国でほしがる産物に変わるだろう。

そういった産物の産業があっても良い。

ターメリックなど二日酔いにも効かないインチキ商品を土産品だと言って騙して売るより、本物の良い食品を売って、人に感謝される方が、断然本物の商売をするように思う。

島豆腐と海のミネラルが沖縄の宝だ。

チャンプル=島豆腐とゴーヤのいためたものは、今は島豆腐が消えて、ただのスーパーの豆腐が入っている.

そのスーパーの豆腐は、ミネラルがないからすかすかのちゃんぷるになっている。俺を長寿の食べ物と思ってありがたがって食べている本土のスーパー豆腐になれている本土の観光客と同じく、沖縄人も騙されて命を短くしている。

島豆腐が沖縄に復活する日が、沖縄人の寿命が,又世界一に戻る日になる気がする。

 

島野菜も島豆腐を捨てる時に一緒に同時に捨てていた沖縄

 

島豆腐だけでなく、大手のスーパーで買う野菜も沖縄野菜を沖縄から駆逐している。

沖縄野菜=島野菜は、沖縄の女性達が自分の畑で作る有機野菜で栄養たっぷりだが、見た目は奇麗ではない。そことスーパーで見た目が整っているだけの栄養が抜けている野菜を買って、沖縄料理にする人が島豆腐を合わない人と一緒に急増した。沖縄の健康と長寿は放り出されてしまった。

沖縄野菜と島豆腐は、沖縄の世界一の長寿の秘訣だったのに、沖縄ではそれを大手のスーパーの商品とすり替える事で、一見現代社会の便利な生活らしいものにする事で捨ててしまった。

何が良い事か、も一度考える事が必要だ。



イボを取る方法

イボを取る方法

 

長い間イボが体中にできて困っていた。始めはテーツリーオイルとかビタミンEを塗ると取れた。

イボころりも良かった。

イチジクの汁が聞くとき来試したら取れた。

そのうちに,又元に戻り出して、数が多くなり、すべての一個か二個なら効いた方法も効かなくなって行った。

そして阿多らしい方法がないか試す事が多くなって行ったがいっこうに効かなかった。。

どうもこのイボが多くできて困っている人は、私だけでなく中年の人はかなり多くいる事が分かった。

電車やバスなどの載っていると、私と同じく首筋に幾つものイボが出来ている人の多く出会った。

若い女性にも同じことが起こっていた。

解決方法

ビタミン剤でマグネシュウムを摂取していた人でも、もしイボで困っていたら、更に多くのマグネシュウムが必要だと言う事が分かった。

数日前にマグネシュウムのビタミンを取ると良いと聞きやってみた.

効いた!

首筋に沢山あったイボが消え始めている.かゆかった所もかゆくなくなった。

マグネシュウム不足でそうなると言っていた。

私もマグネシュウム不足になっていたらしい。カルシュウム1000mg+マグネシュウム500mg=バズビービタミンと言って毎日飲んでいたから、両方とも十分摂取していると錯覚していたのが盲点だった。

カルシュウムとマグネシュウムは2:1で骨に吸収しやすくなっているがマグネシュウムはその他体中の機関で使わなくてはいけないミネラルだったから、それが不十分になっていたと言う事らしい。

今は250mg更にプラスして、イボが改善をし始めた。

20年程もこの錯覚で自分を縛り付けて、マグネシュウム不足を自分で隠していた。

だから盲点になってしまい対策が遅れた。

 

イボは一つか二つ程度ならばネットに出ている外用薬や伝統的方法で治るが、マグネシュウム不足で腎機能が弱っている人には、その方は効かない。だから、困っている人が大変多くなっている。中年期以降の人は殆どその可能性がある。

実は腎機能が弱っているからこそイボができるのだ。

イボができていると言う事は腎機能が弱っていて、酸化している証拠でもある。

酸化がマグネシュウム不足をおこすのかマグネシュウム不足が酸化をさせやすくするの家は輪からナシが、マグネシュウムを補給する事でイボが消えるのであれば腎機能も回復している事になる。

体の中の酸化が少なくなっている事になる。

老人病が掛かりにくくなると言う事になる。その他酸化の原因があるからその根本的対策も考えて二度と同じ過ちを起こさないようにして健康維持と寿命を延ばしてください。

 

‹参考文献›

野菜生活の方法。

免疫力の強化方法。この二つの雲照に詳しくその対策と原因が書いてありますアルカリ水で体の中をアルカリ化する方法も書いてあります。

Google Driive とハテナのブログに同じ物を載せてありますのでご覧ください。

 

皆様の健康を祈っています。

バンコックのYoshyより

明治維新とは一言で言うと市民革命(=日本革命)だった。

明治維新とは一言で言うと市民革命(=日本革命)だった。



そして国民は自由市民から奴隷の奴隷の時代に転覆させられた。

帝国主義で貴族政治と奴隷に転落した。(=帝国憲法制定)

 

その使い集と中浜万次郎暗殺の十年後、暗殺者の伊藤博文は日本の軍隊によって暗殺された。山県有朋の始末だった。

伊藤博文の暗殺者の犯人に仕立て上げられた安順根のピストルの弾は一発も当たっていなかった。ベルギー製のブローニングの弾は小さい。

小銃の弾が伊藤の体から数発見つかっていた。

山形有朋は松下村塾生で伊藤博文と机を並べていたが、ユダヤの手下ではなかった。

勝海舟派の一人だった。

勝海舟暗殺の敵をとった山県有朋が、その後日本の政治を支配した。日本は又神の国に戻っていった。(=大東和共栄圏の政治が行われていった)

大東和共栄圏は勝海舟から山県有朋に受け継がれていった。

そうして日本帝国軍は、神の言葉を行う軍隊として生まれていった。



日本の市民革命トップダウンで行われた。

西洋ではそれを下からやった。ボトムアップの市民革命だった。

 

日本の市民意識は何処からでてきたのか?

 

それは中浜万次郎と言うキリストの弟子が、米国で英語を話せるようになり読めるようになり聖書を読み、そこでキリストに出会い。さらに米国社会の正義をみて、日本になにが不足しているかを深く理解したからだった。

徳川時代の社会と工業国になり始めた米國との差が、中浜万次郎の考え始めた文明の差があるということだった。其の里はなんだろうか?ソノ差はどうやって埋めたらいいのか?

9年間米國で教育を受け、英語を知りキリストを聖書で知り、そして現実と比べて考えた。

航海士の学校で航海術を学び、測量法と国際法にも通じた。

科学の一端を知り日本の遅れたく開放と排気とすっぽんのように違うと感じた。

工業社会は科学社会であった。

そしてその科学は人権社会が生み出していた。

学問とはその科学と人権を学び、更によい社会を作るための基本を教えることであった。日本は国民皆教育を目指すことになった。

日本中が人権を尊重する社会にして、科学をその根底にして、フェアネス社会を作ることにしたのだ。

コレが中浜万次郎が考えた米國に日本が追いつくための計画と設計図だった。

其のはじめが奴隷解放であり国民皆教育でありフェアネスの市民意識革命をすることであった。

キリストの比喩を考えてそれを数年間かけて、毎日考えていると次第にその本当の意味が分かってくる。その時に推論する力がその考えた人に与えられる。

科学をする事は先ず考える力を持たなければ成らない。それをキリストが自分の言葉を比喩で与える事で考える力を与えてくれるのだ。

万次郎の日本を思う心で米国から日本に帰り、日本が西洋社会の市民革命に遅れてしまい、工業国家になれない事を説明して。工業国家に成る為に市民意識革命をすることを勝海舟に説得したから、日本の未来を勝海舟中浜万次郎に任せることにしそれが出来た。

今の日本の工業社会の基盤は中浜万次郎が作った日本のフェアネス社会が支えている。

海舟の氷川清話には徳川幕府の破壊の話しか出てかない。破壊だけの革命はない。目的があるはずだと学生時代から不思議に思っていた。ソレが中浜万次郎のことを推論していくうちに勝海舟江戸幕府を革命で破壊することは、中浜万次郎の日本の未来の設計図が目標で、二人で一人の日本革命の父をやっていたことに気がついた。

日本の経済政策の原点はここから始まっている。傾斜生産方式とは資本を有効に使って国を栄えさせることを言うが。狭義には重工業に向けることを言うが、その土台となったのは日本人の市民意識で社会がささえられていたからだ。

フェアネスの精神が日本中に広がっていた。

明治初期から始まった。日本の義人=フェアネスの人、佐倉惣五郎の義人祭りが其の神の言葉を日本人の目の前に其の見本を示していた。

日本社会はフェアネスの人々で覆われた。日本のインチキ選挙で政治と操る朝鮮人儒教のままだった。今でもそのままだ。

日本は其のフェアネスとアンフェアネスが2層化した社会になっている。

フェアネスの人は日本人に多数いる。朝鮮人儒教頭で非科学的で犯罪しか出来ない。

この犯罪者とフェアネスの人は整理する必要がある。

日本人の日本人による日本の再生だ。フェアネス革命だ。

働く者の国、日本だ!働かない朝鮮人寄生虫を叩き出せ!

 

工業国ができるには、其の国がフェアネスの人々が主体になってそれを社会制度のして、人権社会になって、さらに科学が人々に常識となって初めてデキる工業社会だった。

これがキリストの法則だった。

 

その人権社会が科学を有効にして科学的考え方が社会の根底になっていたから傾斜生産方式でも科学が日本社会で栄えていった。

日本人の常識がフェアネスで出来ている事が、日本を工業国に押し上げる本当の力の土台となっていた。

日本は工業国なる方法を万次郎が米国で深くその社会の基盤を見たからできた、分かった事だった。

フェアネスのある社会こそが米国社会の力の源泉だと見抜いていた中浜万次郎

その現代社会の力の基盤を日本に移植する方法を考えた。日本人は米国社会とくらべて、何が足りないか?

それは神の言葉を知らない事だった。

モーセ十戒は既に日本の里山共同体で村の常識となって農民達に広がっていた。

それがモーセ十戒と名を知らなかった。でも人の平安はモーセ十戒が生きている社会にある事を本能的に知っていたのだ。里山共同体がそれを生み出したのだ。知っているだけではない毎日の生活を其の教だ黄体の思想で皆が協力して働いていたから其の思想が生きていたのだ。フェアネスの社会が日本の里山の農村にできていたのだ。

日本人の共同文化に必要な事は何か?

それの答えが神の言葉だった。

中浜万次郎はそれを日本社会に与えた。

江戸時代は日本は農業国家だ。90%が農民だ。農民の常識はモーセ十戒で日常生活が営まれていた。

その90%人々が神の言葉を知り、行えばいいのだ。

そしてが学問のススメでその事をいい。日本人は見事にそれを自分の物にした。

儒教思想の楠政重から、佐倉宗吾郎に義人の定義が替わった。



明治維新とは、農業国家の日本を世界と互していける工業国になる為のトップダウンの市民革命をしたのだった。

それを日本革命と呼ぶ!

日本人は働く人々が考える社会で事実を見つめてその中に法則を見いだす。つまり働く人にだけに科学が宿る。だから新しい事は皆下から上に上げられて採用されるが、素晴らしい案でも,訳が分からない上役ばかりでそれが否定される事が多い。

つまり上から新たらしい案は出てこないから、下からの持ち上げる案を採用する事で日本社会は動いていた。

これが下からの提案で政治が動かされている仕組みだ。日本はボトムアップ型社会だ

イデアは下からしか出てこない。現場にしか神はやってこない。机の上にはクズの朝鮮人しか居ないからだ。賄賂の話しをやって、酒を飲み、ばくちをする。くだらないクズ社会がそこに有る。

日本人は現場で仕事に没頭する。そこでそんな仕事の中に神の姿を見るものが出てくる。

今までのやり方をもっと効率的にするにはこうしたらいい?今までのやり方でない喚起的なもっと強くて芋の破格目と呼ぶような仕事が輝きだす。それを仕事の中で自然に見る力を付けていた。日本人は神をそこで敬う気持ちと言っている。自然を恐れ敬う中に神が宿る。

科学ではそれを仮説と呼ぶ。実証するとも言う。職人芸はその究極の仕事の方法だった。

日本刀がその典型だ。その芯になる玉鋼の作り方は、神への祈りから作くられている。

仮説が出来ても、それが実現するには、科学者達はどうやってその対策が出来たか分からないと言う科学者が多い。

本当に仮説が実証する対策を自分で考えたとは言わない。偶然がそれを教えてくれたと言う人が多い。つまり人間の力ではなく。人の考える遥か彼方からそれを教えてくれる力が働いて、新しい科学的方法が考えだされている。やり方は科学でも、日本の職人でも、道が違うが山に登る過程は同じだと言う事にナル。

日本人は科学は知らなかったが

千年以上も、2千年以上も前から職人が仮説を実証をして、新しい道具を考えだしていた社会だった。日本人ならその職人の弟子になり、同じような新しい物を作りだして行く事が出来た。それを生み出しているのが日本の里山の文化だった。

里山の文化で育った日本人が日本の資産だった。日本人は教育しなくても科学と同じ結果を出す資質を持っていた。

だから中卒者でも博士と同じ仮説を作り出し実証する事が出来るのだ。つまり日本文化で育った日本人の心を持つ者ならば、博士になる仕事、発明や発見ができる筈だと言う事になる。

ボトムアップ社会とはそう言う社会だ。

日本人全員が博士になる。

博士でなければ日本人ではない時代が出来る。

日本人は全員が博士になり発明発見を誰でもやってのける時代が日本の未来だ。

教育よりも日本人の里山の精神を養い神とともに生きる事をしっかりと家庭や地域で教え、そして皆で共に生きる共同体が大事だと教える。日本中で都市部でも里山の社会作り先ず必要だ。

教育はその博士を作り出す新しい日本博士の国の教育が必要になる。

空気よみの時代は終わった。自分で考える時代になる。

博士とは自分が必要な教育を自分で出来る人の事だ。

そう言う人を作る教育が新しい教育だ。

日本の資源とは日本人の心を持つ人だった!

 

儒教頭で考える力がない武士が上になる封建制度だったから、これがいつもの状態になっている。それは又、下のはたらく人の成果を無能な上役が奪い取る仕組みだった。

 

本当は始めからから能力のあるものが上になるほうが効率がいい。その社会はトップダウン型になる。でもこの問題点は下の実務を行う人の中に生まれる改善方法や、改革方法を抹殺してしまう所が非人間的だった。

実務をしない無能な博士では、新しい改善は出来ない。ここが西洋型社会の本当の問題点だ。日本では下で働くものがそれを改善していく社会だ。ボトムアップ社会。

改革もそこで力を付けた人が上にない改革をしていく。スコシまだぎこちないが。改革にはもっとダイナミックな仕掛けが必要だと私は思っている。

 

日本の社会は頭が悪い奴と頭がいい奴で構成されている。江戸時代は儒教頭の武士層と働いて考えて実験し効果を出す人々の二層になっていた。

職人達 新しいた方法で新しい商品を作り出していた。

科学はその職人達が作り出す商品の中に科学が宿っていた。

日本は偽物が上にいる社会だ。下の日本人は正しい心で働き,発明発見をするが、働かない頭の悪い奴は、それを認める能力がない。要らない。

今は武士の替わりに朝鮮人がインチキ選挙で日本を支配して、出鱈目をしている叩き出せ!

少数派の朝鮮人支配社会と下で働き騙されている多数派の日本人達。

江戸時代の儒教の武士が、現代社会では、インチキ選挙で当選したと言う朝鮮人の無能に変わっているのが現代社会だ。

日本の本当の問題点はここにある。

 

フランス革命市民意識で社会を作り直したことを言うが、日本でも社会を封建奴隷社会から、一気に市民意識を作り替えて、国民は皆平等の社会、市民社会が出来た。それが明治の初めから明治22年の帝国憲法が出来るまでの間だけ、日本市民社会にあった時代だった。

まさに日本革命が行われていたのだ。

江戸時代の封建社会から一足飛びで明治維新現代社会が出来ていたのだ。

 

でも、暗雲が日本社会に流れていた。伊藤博文の作った日本帝国憲法で日本人は皆奴隷に落とされた。伊藤博文朝鮮人だった。そしてロスチャイルドの日本破壊をするスパイだった。伊藤博文の子分の朝鮮人大室寅之祐明治天皇に化けていた。孝明天皇とその子供は伊藤博文に殺された。天皇は殺され入れ変わっていた。170年間朝鮮人が日本の天皇だった。今でも続いている。クズは要らない!叩き出せ!

 

近代社会革命は工業国をいかに作り出すかに、その社会の存亡が掛かっている。

キリストの言葉を知っている社会しか、その工業国にはなれない。

世界中がなりたいと願い。願っても誰一人それをまね出来なかった。

キリストの言葉以外のすべての宗教は、昔からのものをそのままの政権維持思想で、人権が出来ない。

賄賂を認める、犯罪シカ出来ない宗教で社会に、科学を植え付けようとしたが、犯罪者が賄賂をもらっている間は、人権が破壊される。

人権がなければ科学は意味がないから、賄賂を払うだけの方が手っ取り早い、賄賂は人権を破壊する行為だ。賄賂は科学を否定する。

こうして賄賂社会が続き、科学社会が作れずに失敗ばかりをしている。

世界中、今でも科学が大事だとか言っているが、片手で賄賂一方の手で科学を言い続けても社会は現実を見て、賄賂でいいのかと思い、科学と人権を見ない。科学は定着出来ないで呪文だけが定着する事になる。失敗のロケット打ち上げをやっている。

失敗が分かりきったことをしている猿が、まだ同じ失敗する。壷の中のえさをとろうとして中に手をれて、餌を握りしめたら手がつぼの狭い入り口でつっかえて出せない。

その困った状態になって、その解決法として科学を社会に入れたいと言う。

ワイロ政治家は失敗し続けている。馬鹿丸出しだ。

ワイロも欲しい、科学も欲しい。この強欲がその国を破壊している。

神は悪を許さない。こうして失敗をしていくだけだから\工業国になれなかったのだ。

賄賂をすべて辞め、賄賂は犯罪だと全員が認めて辞める。社会全体が変わり、時間が過ぎていき、人権が定着を始めてようやく科学が定着していく事になる。

フェアネスの社会と政治が出来なければ全ては失敗するのだ。ソレがキリストが言っている神の言葉の中にある。

コレがキリストの法則だ!

それは時間がかかるそして教育が大事になる。特権がない社会。人権が動きだす。

その教育にキリストの言葉しかない。

 

人類はキリストとともに歩く時に繁栄する。自由が与えられる。光が社会を照らし出してくれる。

その反対はユダヤが世界を支配する暗黒社会になり犯罪社会になる。文明は停滞し疫病が流行る。ユダヤは人類の敵で悪魔だ!

 

それをしらない世界の国々が科学立国を失敗をしている。

 

日本だけがそれを出来たのは、中浜万次郎が日本にそれを持ち込んで教えてくれたおかげだった

中浜万次郎は日本革命の父だ!

 

日本の恩人が独りで眠っている。

誰にも知られずに雑司ヶ谷の墓地で。

日本人は恩知らずだ!今の日本の工業力の基盤を作ったのは中浜万次郎だ。

その人を知らずして日本の未来はない。キリストを知らずして日本の未来もない。

もし日本が中浜万次郎を理解して、その精神を知り、ソレに従い。生きていき、その社会を作れば、日本は世界をリードする国となるだろう。

 

キリストの法則

科学が社会に支配してその科学が工業社会を作る。これが世界を席巻する。

その基礎となるものが市民のフェアネス意識革命で、市民革命を起こす事だった。その目的は市民社会を作る事だ。

その市民革命が人権社会を作り、市民が主権者になる事を宣言する事から始まる。

近代社会が出来る。

その上に科学で物事が決まり動く社会になる。

科学が常識になると工業社会が出来る。工業社会こそが世界を豊かにする。そしてその国を富まし軍事力は世界一になる。

工業力NO1は、軍事力もNO1になる

これがキリストの社会発展の法則だ。

フェアネスの社会がなければ出来ない事だ。

 

非キリストの法則で世界は破滅する

賄賂ばかりで動いている犯罪社会には犯罪者しか出来ない。アンフェアネス社会になっていく。

工業などかけらも出来ない。それで軍事力だけを高め、社会はアンフェアで人権無視だが、工業力が欲しいとは無い物ねだりだ。

その願っている犯罪者がトップにいて社会を破壊しているからダメなのだ。その事も分からない。クズ人間の塊になっている。

 

キリストは偉大だ。

2000年前からそのキリスト社会発展モデルの事を言っていたのだから。

中浜万治郎は日本の明治維新に、そのフェアネス精神を日本に導入した日本革命の父だった。

工業国になりたければ、人権社会を作り、人々が人権を尊重する社会にしなければならない。

人権が出来れば科学を人々は尊重しだす。科学が発展すると工業社会に発展していく。

人権と言うん法律反訴の精神がフェアネスだ。法律だけ出来てもその心がなければ、人権は到達出来ないのだ。

そのすべてを中浜万次郎は日本に導入してくれた。現代文明はそのフェアネスの精神の上でしか到達出来ない者なのだ。

これが現代文明の記号だった。



法の精神とは?

 

フランスの法律学者のモンテスキューの法の精神が、法律にはあると言った言葉がそれを示している。法治国家とはフェアネスの精神がある国家だと言う事だ。法だけでは出鱈目が行われる。そう言っているのだ。人の作った文書は不出来だからだ。不完全だから法の精神でその不完全な法をその精神で補助して、確かな物にする事が大事だと言っている。

 

その300年前の言葉を知らないクズ達=朝鮮人が今の日本をおさめている。インチキ選挙で当選した。

日本人ではない心が壊れている朝鮮人議員。その議員は日本に愛着がない金だけが目当てだ。日本人の命を取り金にしている売国奴だ!クズを日本から叩き出せ!

多くの日本人はフェアネスを知っている。それで物事が行われる事を望んでいるが、朝鮮人儒教頭で頭が悪いから、科学的に考える日本人の心が分からない。その差が大きい。朝鮮人は日本に要らない。300年の違いがある。

一方は江戸時代のママで、日本人は現代を生きて、科学で物事を考えている。

日本はフェアネスと日本人だけで統治する。犯罪者の朝鮮人は刑を終えたら即、国外退去だ!

私は営業本部で商品マネージャーだったから、契約文書についても弁護士と話をすることが毎日のようになっていた。その時に日本有数の弁護士と言われて人から教えられた。

日本の民法には法の精神があると。

日本の法には法の精神があった。善隣条項がその契約書には盛り込まれていた。わたしもマネージメントの判断基準は善隣条項=フェアネスの精神で行われ、契約文の追加修正の文書も其の精神で行われていった。

そしてその事業全体の判断をする時にも計画を作るときにも、そのフェアネスで考えて物事を勧める事になっていった。

フェアネスが生きているニッポンの法の元の契約とは、法の精神で行うものだった。

契約書は文章で法の精神=フェアネスがなければいかようにも悪用出来るものだった。フェアネスを持つ者は人を大事にする。平和な社会とはフェアネスの精神で満たされた社会を言うのだ。

互いの契約者の善良精神で結ぶものだと。相手を陥れるものではないということだ。

もし犯罪行為がそこに入っていたら厳しくさばくことになる。

これがニッポンの法の精神だ。

意図的犯罪者には厳しく。

それ以外の善良な契約者には優しく

 

それをある社長は左の頬を打たれたら右も差し出せといっていた。

それが前の会社の日本での生き方だった。私もそれにしたがっていた。

キリストを知らない当時のわたしはフェアネスでマネージメントをシテイた。



誰が日本にフェアネスを教えてくれたのか?

 

日本はこれらの事をキリストから与えられた推論する考える力で、中浜万次郎が独りで考え、米国社会を分析して、欧羅巴の本を読みその近代思想を考え分析し、農業国の日本が近代化する方法を新しく日本革命の方法として、その思想を考えて、日本にトップダウン市民社会を作り出していった。

中浜万次郎は日本で生まれた近代思想家で、その実践を日本近代化で挑戦してそれを成し遂げた。優れた世界に誇る日本の思想家で政治家だった。

そしてキリストの弟子だった。

キリストの社会発展モデルを理解した思想家だった。世界の偉人と言える人物だ。

近代社会の構造をしっかり見極めたのは、日本では170年間にこの中浜万次郎ただ一人だった。

そして日本人は気がついていなかったが、フェアネスの社会を明治維新で作り上げていた。

それがフェアネストは知らずに、外人から、お前達はフェアネスを知っているかと問われて知らない言葉だと言ってきょとんとしていた。其の意味で間抜けだった。

日本人にはフェアネスは、既にそれは体に染み付いている事だった。日本人ならば誰でも知っている事だ。常識になっている。

キリストの平安の社会を既に日本は作り出していた。それが明治だった。

朝鮮人と中国人は、儒教で科学的に考える事が出来ない。頭がこわれている。

まだその事さえ知らない、と言う事だ。

300年前の頭が中国人と朝鮮人だった。今のフェアネスの精神と人権と科学の日本人とは次元が違いすぎる事だ。

 

中浜万次郎の日本革命は、

その始めがキリストの精神=フェアネスを日本に移植する事だった。

西洋の市民革命に遅れる事100〜200年で日本は市民革命を明治1868年に始めたのだ。その説明が学問のすゝめだった。1編〜8編までは中浜万次郎が書き、9編から17編までは儒教思想福沢諭吉が書いた。

1編〜8編では明晰な科学的時事実を土台にしたインテリジェンスがその文面に現れている。英語発想法と言葉を定義して使っている。

9編から17編では全体に低調な文章でインテリジェンスが感じられない。霧の中の迷走している。福沢諭吉は江戸時代の武士の頭(=儒教頭だ)で生きている。それがハッキリと分かる文だ。

英語発想法はないし、

言葉を定義して使っていない。

定義しないから概念も作れない。

 

概念の塊の思想など雲の上の話しだ。

儒教思想で溺れている江戸時代のいかれた武士の頭の中そのものだ。

私はそれを磁石もなく、地図もない。霧の中を歩く迷走状態と言っている。人は山で遭難するときに起こる事だ。その天候の激変で道が分からなくなり迷っていき、方向を見失い放浪で疲れきり、気温の低下で体温が下がり、うごけなくなる。山で死ぬときの迷走状態だ。

もし中浜万次郎がいなければ、福沢諭吉の霧の中の迷走が日本を引っ張っていき、地獄に迷い込んでいただろう!

 

中浜万次郎は優れた世界レベルの思想家だった。そして神の言葉を日本に対して行った日本人だった。

彼は学問のすゝめで、日本には佐倉惣五郎だけ、ただ一人が義人だと言ったが、中浜万治郎はその二人目の義人だった。神の言葉を知り、それを49年間やり続けた義人だ。

 

日本は世界中の他の低開発国では出来なかった工業国へのキップを手に入れる事が彼のおかげで出来た。

 

中浜万次郎が言った日本ただ一人の義人。佐倉惣五郎は数千人の村人の為にその家族の命を全てさしだした。

 

日本革命を起こして、日本市民を作り出した。

中浜万次郎は3000万人の日本人を封建社会の農業社会の奴隷状態から、現代工業社会に到達する方法を編みだし、それを指導して日本を植民地にさせない。近代化を成し遂げたのだ。

日本を先進国に導いたのは中浜万次郎次郎だった。

中浜万次郎は3000万人の日本人の社会を救ったのだ。

もし彼がいなければ日本は他の国と同じく植民地に成り、工業国には永久になれなかった。

その分岐点を示したのが中浜万次郎だ。これを恩人と讃えない日本人とは、一体どんな恩知らずなのか?地獄に落とされても仕方がない程だ。

 

市民革命はどちらが提起した問題か?一目瞭然で中浜万次郎市民意識を提起して、学問のすゝめにそれを書いたのだ。

福沢諭吉はその万次郎の名声を利用して、駄文を書いて金儲けをして学問のすすめの価値を低めて、それで終わりにしただけだった。

偽物はすぐに読んで分かる。1ページを読んだだけで、あくびが出る。駄文しか書いていない。福沢諭吉は駄文文章家だ。紙の無駄とはこの様なことを言う。

つまらないのだ。何の分析も仮説もない。只自分の儒教でぼけていることを証明してみせただけだった。

ここからはそのボケ老人の話しをしない。無駄だからだ。

 

その事を深く考えると原因が分かる。私は優れた文に出会うとその行間に自分の仮説がどんどん出てくる。でもくだらない文に出会うと全くその仮説は何も出てかないのだ。これを私は霧の中の迷走する文章と読んでいる。くだらない文章には仮説がないからだ。仮説がないから、そこから派生する仮説が出てこない。これがつまらない原因だった。

いい文にはいい仮説があり、そこにはその問題となった原因と分析する科学があるからだ。

それらが私の頭の中で爆発するからだ。

駄文にはそれが起こらない。



殖産興業から富国強兵とは、その市民意識の上に始めて花咲く事だった。

 

日本に取って大事なのは中浜万治次郎が言った市民意識を先ず持つ事だった。

市民意識=フェアネスを知る事で世界の先進工業国の社会を日本に作り出す事が出来るからだった。

フェアネスを法律で作った物が人権だ。人権はそのフェアネスの上に花が咲く。そして人権を考え実践する人々に科学を考える事が出来る。そこに正義が心に花開く。

法の精神とはモンテスキューが言った。フランス革命の精神の話しに通じる言葉だ。

その法の精神がフェアネスだ。

人権の社会を作る事に人々は動き出す。心にフェアネスの精神がある物が、法を作ると人権になるが、法は何時もいい足りていない。その不足を補い物がフェアネスの精神だ。朝鮮人には考えもつかない事だ。

言っていることがいつも出鱈目だ。証拠がないねつ造を自分が証拠だと言い張る。ばか状態の精神病患者だ。話しにならないから。犯罪者には、こん棒で殴って黙らせるだけだ。人間の姿をした悪魔だ!

 

人権社会が出来ると科学が出来ていく。科学社会が続いていくと工業社会に成っていく。

工業が全国で始められていく。それが製品となり社会全体に広がり、やがて輸出されるようになる。

市民意識=フェアネスが日本の明治維新の基礎に成っていた。学問のすゝめはその説明書だった。

そして明治政府でその法律を作り政治を動かしていたのは勝海舟で、その補佐官が中浜万次郎だった。

一番その市民意識から遠かったのが武士達だった。儒教頭が変えられない。それが人口の5%もいた。そこの改革が明治の市民社会の癌だった。

学問の勧めの出版で明治維新政府の市民意識を、国民全部に与えると言う考え方を知らせると同時に、同じ事を政治で法律にし実銭をしていった。

米国社会を見て教育を受け、キリストの弟子となり、キリストにその考える力をもらった。中浜万次郎がキリストが伝えた神の言葉を心に持って、たった独りでキリスト教は禁教でそれがバレれば、獄門貼付けに成り殺される事を承知で日本に帰って来たのだった。

一人日本を助ける為に、自分を殺そうとしている政府に向かって船に乗りやって来た。

死ににいく覚悟で日本に来た。中浜万次郎はその年から数えて、22年間死のふちに居続けながら、日本の危機と世界の先進国の工業力の差を訴え、その工業国になる方法を説き続けていった。

更にキリスト教解禁から28年間も日本を発展させるため日本社会を指導し続けてくれた。

 

日本人の中にも中浜万次郎の言葉のなかに誠意とフェアネスを見る者達がいたのだ。

そして奇跡は起こった。中浜万次郎は殺されずに幕府の中枢で米国社会の発展ぶりを示し続け、日本はその発展社会に成るベきだと説得し続けたのだ。やがて同調が現れはじめ、中浜万次郎のいうことが正しいと思うひとびとが次第に仲間になっていった。

キリシタンの処刑は明治4年まで続いた。

万次郎が日本に帰国したのは1850年、キリスト教が解禁に成ったのが明治6年=1872年で22年間も死刑に成るかもしれない重圧にメゲズに日本の国の現代化の為に生き抜き、その主張をして日本人をリードしてくれたのだ。

その間神の言葉を日本にしらせ、教え日本社会にフェアネスの精神をいれ、やがて工業社会にして、日本を世界有数の工業国にする事が中浜万次郎の唯一の夢だった。

夢が中浜万次郎を命の危険さえ顧みず突き動かしていた。

この人を日本人の英雄としないで誰が英雄だろうか?

 

中浜万次郎日本を工業社会にする方法をデザインした、日本の現代社会の恩人だった。

明治維新とはたった一人の日本人中浜万次郎がその設計して実現した。日本を現代社会に作る画期的な革命だったのだ。

政府が市民意識トップダウンで作った日本市民革命だった。

これは日本革命だった!

西洋型の下からの革命は時間がかかる。2〜300年は掛かる、が日本のトップダウン方式市民革命は短時間でそれが出来るメリットがあった。

西洋型の市民意識革命では、知識人たちは個人で聖書を毎日読み考えて、数十年するとフェナエスの精神を語りだしていた。其のフェアネスをわかる知識人達が話し合い。やがてそのフェアネスに因る政治を望むようになっていく。その会議が政治勢力になっていく。其のために時間は過ぎていき、長い時間が社会に経過していく。その時間が数百年かかるのだった。

でも多分これが何処でもできることかと言うとそれは無理だと言う事だ。

犯罪社会は先ずその犯罪を犯罪と認める事から始めなければ成らないからだ。犯罪をしながら、正義の人は出来ないからだ。犯罪者で正義の人はいない。正義の人だけか?犯罪者だけだ。

何がいい事で悪い事かを知らない犯罪者は悪魔だ。自然に更生は出来ない。

悪事を処分されて、はじめていけないことだと分かる人もいるが、分からない悪魔も多い。

其のアゥ少ない選ばれた国で市民革命が起こった。

フランス革命だ。イギリスでそれが起こっていた。ドイツでもそれが起こった。

日本はモーセ十戒里山文化で既に自分たちでそれが正しい事と知ってやっていたからだ。

国民の大半の里山文化の農民層=90%の国民がいたから、簡単にその移植が出来たのだ。

神の言葉を追加しただけで良かったからだ。

農業共同体では皆が運命共同体だと深く意識して助け合う事が当たり前に成っていた日本。

韓国では人の者を奪う事が当たり前で、人にいいものは見せない。見せれば必ず取られるからだ。疑いと猜疑心と犯罪社会が同じ農業国でもある。

この日本の農業共同社会の上に神の言葉がやって来た。それが義人祭りに成った。佐倉惣五郎がその義人に祭られている。今でも千葉県ではその偉業を讃えて農民達を中心に人々は宗吾霊堂にやってくる。

私の家はそこに今でもある。佐倉市佐倉惣五郎の義人が心の中心になっている街だ。

 

里山共同体の精神+神の言葉が日本の常識に成った。それが日本のフェアネスだ。

それは世界標準の精神だった。

フエアネスの精神を明治維新で日本人は手に入れた。

つまり明治維新で日本は人権社会が始まったのだ。世界標準の人権を日本社会と日本人が手に入れたのは、中浜万次郎がそれを教えてくれたからだ。

 

キリストは言った。私の言葉と神の言葉に躓いて、殺されてものは私のとなりの席が用意されている。神が選ばれる人だ。

中浜万次郎はそこにいる。キリストの隣だ。

中浜万次郎朝鮮人伊藤博文によって暗殺された。神の言葉を行うために一人死をも恐れず日本を救うために49年間日本社会を変革させ、工業社会を作ることに全力を注いだ。

神の言葉を自分で行っていたが、誰にもソレ言わずに暗殺されていった。

キリストの言った私の隣に来る人そのものだ。

キリストは言った。私の言葉や神の言葉で死んだ人は、私の隣にきて並ぶ人だ。

神がそうされるから。

中浜万次郎は今、其のキリストに並んでいる。

 

呪われた民族ユダヤと朝鮮。

ユダヤがキリストを又殺した!命令はユダヤが出し、実行したのが伊藤博文と言う朝鮮人だった。

神を殺した民族がユダヤと朝鮮だ。呪われた民族として永久認知上から排除されるだろう!神の呪いだ!

悪魔がそこに現れて、そのキリストの人権社会を破壊して帝国憲法を作り貴族社会は出現していった。

日本人は明治維新で自由市民となっていたが、その自由市民から奴隷に格下げされた。

やったのは伊藤博文と言う朝鮮人だ,朝鮮人は日本を破壊しまくっている。これが明治の

22年の帝国憲法発布から始まった。

朝鮮人の反動政治でユダヤの手下の朝鮮人が日本革命を破壊した。その中心に朝鮮人天皇がいた。天皇は偽物朝鮮人に入れ替えられていた。伊藤色文の子分大室寅之祐明治天皇にした。本物は暗殺をした。孝明天皇が本当は明治天皇になる筈だった。彼が長州征伐をした事を根に持っていた長州藩の毛利がその裏にいた。今の天皇朝鮮人皇后、貞明皇后を毛利八郎がレイプして生ませた子供=昭和天皇の子孫だ。

 

キリストの精神で市民革命が日本で起こったが、ロスチャイルドの陰謀でナリスマシの朝鮮人が日本の革命を破壊した。

伊藤博文がすべてを壊して自分だけは日本人を奴隷に落として貴族になった。地獄に蹴とされる行いだ。



日本はそのまま工業国家には成長出来ず。

ユダヤの破壊工作で、明治政府は転覆された。

暗殺で中浜万次郎勝海舟は殺された。とばっちりで儒教頭の福沢諭吉も一緒に暗殺された。

ここから朝鮮人伊藤博文の帝国憲法が施行されて、朝鮮人が日本政治を支配していった。

明治は明るい面と暗黒ユダヤの裏が交錯した時代だった

今も日本はその朝鮮人達で破壊支配されている。

朝鮮人を一人残さずこの日本からたたき出す事から日本の再生は始まる。



明治維新とはトップダウンの市民革命だった。西洋の市民革命が下からの革命だった。

やり方が違う市民革命だったのだ。

そして、ユダヤが日本社会を破壊した。悪魔の時代が始まっていた。

市民社会ユダヤの手先の悪魔が破壊した。

朝鮮人を許す事は出来ない。

これ以降朝鮮人の日本タカリと破壊が日本全国に無数に広がっていく。

犯罪者の大半が朝鮮人だ。

政治も朝鮮人インチキ選挙で、頭が悪い犯罪しか出来ない人間のクズの支配されている。

犯罪集団が朝鮮人だ。

今でも日本での犯罪の多くは朝鮮人がやっている。その日本の犯罪者の朝鮮人中国人構成比率は高い。

共に一人残さず日本から叩きだす事。

そして日本人により日本を再生する。その精神こそ、フェアネス精神で。

日本人の日本の未来は明るい。

目標を決めて動き出せば、日本は必ずその目標をクリアして来た。

今度もクリアするだろう。

そして日本のフェアネス社会を作るのだ。平安の社会だ。

キリストの神の国だ。

 

明治維新とは一冊の本として考えたら,勝海舟の氷川清話と中浜万次郎が書いた学問のすゝめの本をまとめて、日本の市民革命の一冊の本になる。

明治維新とは一冊の本として考えたら,勝海舟の氷川清話と中浜万次郎が書いた学問のすゝめの本をまとめて、日本の市民革命の一冊の本になる。

 

裏側の本としては、田布施伊藤博文ユダヤロスチャイルドのスパイだったの本が書かれていたら、それが明治維新の裏切りと日本破壊の本となる。

 

この3冊で日本の明治維新が分かり、今の日本の社会の問題点がそこにあることがはっきりと分かる。

ユダヤの日本侵略と支配が暗殺で行われていった。

 

それは、長い革命の本!

氷川清和+学問のすゝめ=明治維新の市民革命

ロスチャイルドの手下の伊藤博文と偽物朝鮮人明治天皇大室寅之祐の暗殺が政治だ。

 

計3冊が一本の明治維新を語る一冊の本になる。

日本人は皆これを読み日本を考える資料になる。

日本の未来はここから始まる。

 

日本の明治維新とはキリストの精神革命だった。そして、ロスチャイルドの日本侵略だった朝鮮人は日本人成り済ましの替え玉に使われた。

 

これは世界史でみたら、西洋社会の市民革命が、アジアでは日本でも行われていたと言う事になる。

だから、西洋社会以外で、日本だけ工業社会になれたのだ。

170年たっても、それ以外の国では工業国家が出来ていないのは、キリストの精神革命が出来なかったからだ。

技術を幾らまねしても、その本質が分からないからいつまでたってもマネしか出来ない。マネでは本物に負けるだけだ。

その本質を知りそれを超えるものを作るには、その心を知る事が出来なければ、マネさえ出来ない。

日本はその心の革命を明治維新で幸運にも出来た!

その始まりがなければ今の日本は出来ない。

明治とはそんな幸運の時代だった。

 

そこに神がいなかったとは誰にも言えない。

神がいたから明治維新があったと言える。

日本人はその事を感じ取って、前を向いて歩いていく事だ。

我々はその誇りと神とともに歩く民族だ。

日本はかならず神の王国をその手でつくることが出来る民族だ。

神の言葉の言葉を胸に抱いて、それを行い生きていく。

それが神の王国への唯一の道だ。

 

明治維新とは神の国をアジアに作れと言う神からのご託宣だった。

氷川清和+学問のすゝめ=明治維新の市民革命

は、その物語を書いた実話と設計図だった!

日本人の原点と未来がそこにかいてある

 

日本人が未来を見る為には此の冊の本を読み、考える事からその未来が始まる。

日本人の原点がそこに書いてあるからだ。

現代社会はその基盤の上に出来ている。

その基盤を理解しないで日本の未来は始まらない。

キリストと神の愛がそこに有る。

苦しみとフェアネスが織り成す人類の戦いが書いてある。

人は何故生まれ、何処に消えるのか?何をその短い人生で行えるのか?

それが書いてある。

日本人の原点が書いてある。市民の意識革命の書だ。

日本手ぬぐいは、世紀の発明品だった!

 

日本手ぬぐいは乾布摩擦の為に作られた物だった。

乾布摩擦の効果は免疫力の向上!

老人病は此れで予防出来、老人病になっていても治せる。

老人病介護がしなくて済む。

乾布摩擦で、皆元気になってしまうからだ。

 

世界中を歩いた。手ぬぐいが欲しくなって探す事があった。

日本の手ぬぐいは台湾にあった。

世界には、この二カ国しか日本手ぬぐいがなかった。

珍しい手ぬぐいだった。

ハンドタオルがその代わりに世界中にあった。正四角形でハンカチのよ

うな形だった。

でもそれは日本手ぬぐいではなく又日本手ぬぐいを使い慣れた日本人に

は生活が出来ない程不便さを感じる物だった。

今でもそれを台湾人達は自分で日本手ぬぐいを作って、台湾の人々はそ

れを使っていた。

私はそれを買って使っていた。どうも最初はなんて柔らかく、ソフトな

タッチで、皮膚を拭く時、感じが良い。

日本手ぬぐいを改良しているのだなと感心した。

でもそれで乾布摩擦をやってみたら全然だめだった。

乾布摩擦の皮膚を刺激する感じがないのだ、柔らかすぎて皮膚に刺激が

なくなっていた。その手ぬぐいの使用目的は、乾布摩擦をしなかったの

だ。

台湾人は乾布摩擦を知らないのだと思った。

 

日本人は剣道をする時は、はじめに乾布摩擦を毎日やって、からだの健康赤めてから。稽古に励んでいた。それが体を守っていた。

多分その劍の達人が、それを始めた事でその弟子達に伝授してあげたのだろう。

それが日本帝国軍に採用されのは当然の事で、それがきっ掛けで日本兵士達は乾布摩擦を毎日して、その健康効果を実感していたから、除隊してもそれを続ける日本人の元兵士達が多かった。

それが日本中に広がっていった。

そして、その日本手ぬぐいが始めに作られた動機は、その劍の名人が日本手ぬぐいを、自分の家の近くの手ぬぐい屋に言いつけて、完成させたからだった。

剣術道場では毎日練習の始めに全員んで乾布摩擦をやってからだの健康を確実のしてから稽古に入って言った。

だから、怪我をしなくなっていた。

怪我をしてもその回復はとても早いのは、毎日の乾布摩擦のお陰だった。

 

絡とリンパの話しと乾布摩擦

中医では経絡と言っているが。

経とは血液で、絡とはリンパのことだった。

この中で絡については、殆どの記述が少なく正体が分かっていなかった。だからその漢方薬も殆どない。

葛根湯が唯一の免疫力を高める漢方薬だった。

西洋には一つも免疫力を高める薬がない。

西洋の薬にもその処方もない。

でも水毒症は、このが起こしている病気だ。

老人病の全てを起こしている。

此れは私が被曝して、その原因を探求して自分の体を治していくうちに、どうもリンパが健康になると被曝病も良くなると肥田舜太郎医師から教わって、免疫力を高める為には何をしたら良いのかを考え続けていて、ある日リンパ学会の会長の信州大学大内教授、大学医学部の教授の本が目にトマって読んでみた。

そときにリンパが流れると免疫力が高まると書いてあったその言葉がすべてをひらめかせた。

絡=リンパ液をリンパ管に流す事が免疫力を高める事だ。

それをどうやるか?その本には書かれていなかったが、乾布摩擦はリンパ液をどうも流す方法だと考えついた。

リンパ液は皮膚のしたを流れている。

だから乾布摩擦で皮膚を刺激してやれば、その皮膚のしたを流れているリンパ液が流れる事になると言う理屈だ。

更に水毒症になって体のどこかで、リンパ液が流れにくくなって、病気になるか、その前段階になっている状態が水毒症だ。

水毒症は老人病全ての始まりだ。

でも西洋医学でも中医学=漢方でも、その実態の処方が殆どないのが現状だった。

最近体の調子が変だと感じたら、少し変な感じがしている時に乾布摩擦をすれば、必ずそれが消えてしまう。

風邪も消える。

乾布摩擦でリンパ液が、その滞っている部分から、流れ出していく事で免疫力が高まり、水毒症を解消してくれるからだ。

此れが、私がたてた仮説だった。

そして自分でもその実証で体が良くなっているし、他の人にもその応用をして、水毒症の病気群をなおしてあげた。

ぶらぶら病の一時的対処法は生ニンニクが良いが、その後は少し残ったぐずぐずした状態が続く。リンパを気になる部分でやってやるとその水毒症状が消えて体が楽になる。毎日やっていると完全に消えてしまう、水毒症は乾布摩擦で治ると言う事が実証出来た。

その対処には、この乾布摩擦が最適だった。

被曝も水毒症の極端な例と考えて、この乾布摩擦をやっていると効くと思う。

重金属排出法は腎機能を回復する事が出来るが,体中に残っている被曝で起こる症状全てには効かないと今は思っている。

一番実感した事は味覚が変になっていて,その味覚を元に戻す事が出来ずにタイの食事はあまりおいしくないなと感じていたが,最近は乾布摩擦を全身でやっていて,一年もしたら完全に味覚が戻って来た感じで,タイの食事がおいしく感じられるようになっておる重金属排出で寝たきりからは解放されるが,体中で気になって1るうなっている部分を飼い浮くするには免疫力の全身活性化が有効だと言う事だ。

ブラブロ病や被曝病には、乾布摩擦と重金属排出がいい。

 

昔の元気な頃の戻ったように今は生活が出来ている。非道いときには一日寝たきりで何も出来なかった。

トイレに行くのがやっとで直ぐの寝床に戻って、ねて又トイレに起き、と言う繰り返しで何日間もそうしていたか?

そして、数年間いろいろ試したが此れと言って聞く物がなかった。乾布摩擦が免疫力回復に聞くのではと思って、自分の体でやってみた。そしたら体のあちこちで水毒症が回復始めている事に直ぐ気がついた。

中薬をよく使っているので、中薬が聞く時の効果は、直ぐに出る事を知っている。

それと同じか、もっと早く効いたので、此れは大当たりだと確信出来た。

中医でも出来なかった事、免疫力の向上法だ。

西洋医学では殆ど何も出来ていない事が、この乾布摩擦で出来る事に気がついた。

 

昔、中学生の担任の教師にそれを教わっていた事を思い出す。

又、高校の後輩がしつこく私に乾布摩擦の効用を説いてくれた事を思い出す、

その本当に良い話しを聞きながして、自分の健康を自分の無知が邪魔していた。

その無知だった自分に今は恥じ入っている。私は愚か者の生き方だった。

数十年して自分の知識が、それが必要な事と納得しなければ、それは出来ない事だった。人は愚か者だ。

日本人が健康で長生きなのは、一つには乾布摩擦をする人が多いからだった。

又日本手ぬぐいは全国津々浦々で格安で買えて、生活のとけ込んでいた。

魚屋や野菜やで皆毎日それを使って仕事をしていた。

私の家の工場でも工員達がそれを使って働いていた。手ぬぐいは便利な生活に必要なものだった。

日本人の働く人には必需品だった。子供でもされをもっていて便利に使っていた。

年末や夏祭りの粗品で配られるほどの必需品で,毎年配っても誰にも喜ばれ使われている品物だった。

空気のような存在で、その本当に価値を忘れていた日本人達、それが本当の幸せの姿だったのかもしれない。

こんなに優れた物を日常で使える国は日本だけだった。

でも、その正しい使い方を知る人がいなくなっていた。

その絡を健康に出来れば、老人病は全て予防出来る事になる。

それが乾布摩擦の効果だった。

多分勝手な言い方だが、日本中で乾布摩擦をしたらどうだろうと思う。5年は日本人の平均寿命を延ばしてくれる筈だ。

又老人病で病院に行かない人々はほとんどになり、老人専門病院は消える。

保健医療費の大幅削減につながる。年間数兆円以上の効果になる。

又直ぐ、日本中が乾布摩擦運動で日本人が平均寿命世界一に復帰する事になるだろう。



乾布摩擦の効果

 

乾布摩擦は毎日やば、免疫力が上がり、水毒症にはならないから、老人病は起こりにくくなり、病気にならないので自然に元気で長生きになる。

老人病の人でもそれが治る事が証明されている。

もう何人もの老人病の人を此れをやってもらって、元気になって働いている姿を見ている。つまり実証していたのだ。

 

日本人は全ての人が此れをやると良い。

 

被曝している人も免疫力が上がると被曝病がなおる。

 

風邪をひいている人もこれをやれば直ぐに軽い風邪なら消えてしまう。

 

毎日やっていれば風邪を引かない。

 

免疫力が乾布摩擦をするだけで上昇して、免疫力で自分を治してくれてしまうからだ。

 

この乾布摩擦がしやすい手ぬぐいを日本人が発明した。

 

この手ぬぐいはやがて世界の発明品として、人々人々に感謝されて、飛ぶように売れてゆく品物になるだろう。手ぬぐいは人が生きている限り、毎年何本も買う事になるから、一人当たり千円としても50億人が買うと計算したら、5兆円が世界中で日本手ぬぐいを購入する費用になる。

世界中の人が日本手ぬぐいを買い求める.世界の一流巨大産業に成長するだろう!

 

だから劍の名人達はこぞって絡を健康にする乾布摩擦を毎日やって健康で長生きをした。

それをすればたちまち乾布摩擦をすると、免疫力が直ぐに上がって、からだの調子が悪い所は直ぐに治っているから、その効果は絶大だ。

からだの調子を気にする劍の名人達は、自分の体でその効果たしかめて、知っていた。

劍の名人達が作り出した手ぬぐいが、日本手ぬぐいだった。此れは世界の人類が必要な発明品だった。

でも誰もそんな事を語らず。誰もその効用も使い方も忘れている。

その手拭いの大きさと、その布の触感が皮膚を刺激してくれて、そのしたを流れるリンパ液をながしてくれる。

リンパ液が流れると免疫力が回復する。水毒症とはリンパ液が流れないで起こる病気の前段階の症状の事だ。

淤血と言うのも水毒症で始まる病気の前兆の一種で、血液が停滞して起こる発病前の前兆の事だ。

すべてのはじまりは水毒症、つまりリンパ液の停滞からおこっているのだ。

リンパ液が流れないとその辺りの皮膚の状態は、免疫力が消えるから病気になっていく。

それを全て解消してくれる乾布摩擦は、人間には誰でも必要な健康運動だったのだ。

それを発明した日本の剣術家は、日本人に大変な贈り物をしてくれた事になる。

精進料理に匹敵する発明だった。

日本人はこの世紀の大発明の事をもっと日本人の知らしめて、それを全国民にさせるべきだ。

又世界にこの発明を知らせてやり、日本特産の手ぬぐいを世界中に売って上げたら良い。

日本手ぬぐい工場会がアレバそこで特許を取ったら良い。斧特許の収入は会員に配ってやり、よりよい日本手ぬぐいを作る為に研究資金にしたら良い。

手ぬぐいの特許を取っておく事が必要だ。

多分まだその特許を取った人は無い筈だ。

江戸時代ヤそれ以前の時代は特許制度はなかったから。まりに当たり前で誰もその発明品の事を日常のありふれた者として忘れていた。

でも世界には日本だけにしかそれがないのだ。

そして世界中の人々の健康回復には此れが必要だった。

 

手ぬぐいは、更に使いすぎても、皮膚を傷つけないタオル地の編み方と布地の硬さが大事だった。

此れは日本と台湾にしかないが、台湾の物は大きさは同じでも、乾布摩擦には使いにくい物だった。

日本手ぬぐいの起原とその使い方をしらないで、唯マネをしていると、こうなると言う失敗の日本の手ぬぐいの見本のようなものだった。

台湾手ぬぐいは、手を拭いたリ、顔を洗った時使うと良い。きめが細かく,ガーゼより柔らかくて気持ちいいから。

乾布摩擦は日本手ぬぐいで行い。普段の生活には台湾手ぬぐいと使い分けている。

日本と台湾にしかない、あの1m弱の長さの手ぬぐいが、乾布摩擦の為に作られた事を知らない日本人が多くなって、短命になっている。

日本の健康で長寿が乾布摩擦がその一翼を担っていた事を忘れた時に日本人は滅びる

 

日本手ぬぐいは世界の名品だった。世紀の発明品だった。

でも誰もその事を知らない。

その価値を知らない。

 

海外の旅行者のお土産品に最適だ。カルクてかさばらず。そしてそれを送られた人は健康と長生きが出来る。安くて素晴らしい手ぬぐいが日本では使い方を忘れて、捨てられている。

もう一度その正しい使い方を知る事で、その日本手ぬぐいの価値を見直すべき時が来た。

 

もし海外の外人達がお土産としてその日本手ぬぐいを買って帰る日がやって来る気がする。

多分その頃にはお土産品一番人気の商品になっているだろう。

乾布摩擦の効果とその使用法を英語で書いて一緒に売るだけで良い。

それが広まって数年後には、世界中で日本手ぬぐいが引っ張りだこになっているだろう。

乾布摩擦をやれば、毎年何本か必要になっているからだ。数十億本が海外で売られる日がやってくる筈だ。

一本数百円で,数千億円が日本の輸出品として売られる事になる。

乾布摩擦が世界中に広がれば、更にその売り上げは激増してゆくだろう。